ビタミンC誘導体とは何?

ビタミンC誘導体という言葉、美白やニキビについて調べているとよく目にしませんか?それも種類があるようですが、どれがどう効くとかあるのでしょうか?今回は少しビタミンC誘導体についてお勉強してみましょう!

ビタミンCとビタミンC誘導体は違うもの

ビタミンCは肌にとって有効な成分ではあるのですが肌に浸透することはありません。そして酸化してしまうという欠点があります。それを形を変えてお肌に浸透するようにしたのがビタミンC誘導体なのです。こちらは角質層に浸透した上でビタミンCに変わります。
ビタミンC誘導体は

肌のメラニン生成を防ぐ事

 

シミやソバカスまでも薄くする事

 

 

又、毛穴を引き締める効果もあるのでニキビにも有効です。

 

使い方

ビタミンC誘導体は洗顔後の素肌につけると良いとされています。化粧水の前に忘れずにどうぞ!シミ、ニキビなど気になる部分はコットンにひたしてパックするとより良いでしょう。また、ニキビ跡にしてしまった場合のケアとしても使えます。

 

コラーゲンを増やす働きがあるので特に凹凸までできてしまったような治療に困ったニキビ跡に良いでしょう。繰り返すニキビのせいでその部分の新陳代謝が悪くなってしまって凹みができてしまうので、肌の弾力を取り戻すコラーゲンは非常に有効ですね。

 

プリモディーネは正しくはパルミチン酸アスコルビルリン酸3Naといいます。従来のビタミンC誘導体をさらにパワーアップさせたもので、水にも油にもよく馴染み品質が安定しているということとどのような肌質の方にも安心してお使いいただけるというメリットがあります。

 

表皮、真皮の両方に効果を発揮します。浸透も早いので細胞内の活性酸素にも作用します。もちろんコラーゲンの生成を促すのでシワにもききます。まさにニキビ、シミ、シワという女性の肌悩みを解決するためにうまれた夢の様な成分なのです。

ビタミンC誘導体が配合されている化粧水は沢山売られいますが、それは従来のものなのかこのAPPSなのか調べてから買うとよいでしょう。

 

メルライン 楽天 TOP